「女性でもひげ生えるんだね」この一言をきっかけに気にするになりました。

わたしは幼いころから少し毛が濃い体質で、髪の毛はもちろん、まゆ毛や体毛も周りの女子より少し濃くて気にしていた時期がありました。しかしその頃はまだひげに対してまでは関心がなく、まゆ毛を整えたり、頻繁に足や腕の毛を徐毛したりしていました。そんなわたしが高校生のころ、初めての彼氏ができました。

かわいくなろうと必死でヘアアレンジを覚えたりメイクを頑張ったりしていましたが、ある日突然「女性でもひげ生えるんだね」と不意打ちのダメ出しをされました。わたしは昔からのコンプレックスが沸き上がってきて、それ以来ひげにはとても執着するようになりました。

しかし、カミソリで剃ると濃くなると聞くし、かといって毛抜きで抜くには痛すぎて本当に悩んでいました。そこで色々と調べたところ、食事で抑毛することができると知りました。ひげというのは男性ホルモンが活発になって出てくるそうで、逆に女性ホルモンを活発に分泌させるには「大豆イソフラボン」の摂取が効果的とのことでした。

それ以来、わたしは毎朝納豆1パックと豆乳コーヒーを飲むようにしています。もちろん即効性はありませんでしたが、10年以上経った今ではあまり自分のひげを気にすることはなくなりました。規則正しい生活をすることやストレスをためないこと、また、間違った処理方法をしないことも抑毛に繋がるそうです。

最近ではひげを脱毛する女性も増えています。どんどん色々な画期的な商品も出てきているので、わたしもこれからもっと自分に合ったひげ処理を見つけていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする