顔の産毛処理と一緒にピールオフパック

顔の産毛処理と一緒にピールオフパックというよりも、ピールオフパックをすると、顔の産毛処理も同時にできてしまうというものが増えているそうです。まず、ピールオフパックとは「顔に塗って固まったら剥がすパック」のことですよね。いわゆる昔ながらのパックですね。

今はシートパックが主流なので、見かける機会があまりなくなってしまいました。手に入れようとしても、本当に選択肢が少なくなっています。コーセー・清肌晶ホワイトニングマスクはピールオフパック。肌にやさしいと、口コミも上々のパックです。

こちらは保湿効果と美白効果が期待されるシートタイプのパックで、いわゆるピールオフパックです。つまり、顔の産毛も一緒に取り除いてくれるパックなのです。

パックというものは、本来は密閉することで肌の奥まで美容成分を届けることを目的としています。ところがシートパックだと完全に密閉することはできず、肌表面から水分を蒸発させてしまいます。肌の奥まで水分を送り込むなら、固まるタイプのパック(ピールオフパック)のほうが適しているということです。肌の乾燥が気になり、化粧ノリが悪いときには週2回ほどのピールオフパックを続けることで改善できる場合もあります。

水分を閉じ込めるという点で、力があるピールオフパックですが、「肌から剥がす」という工程があるため、メリットばかりというわけではありません。スキンケアを失敗しないためにも、注意点をしっかりと知ったうえで使用していきましょう。

まず、敏感になっている肌には使用しない。つまり、日焼けした後、生理前のぶつぶつができている時期などです。肌から剥がすことによって、ピールオフパックは肌へダメージを与えることになります。日焼け後でほてった肌や、産毛処理をしたばかりの肌など、敏感になっている状態の肌には使用しないようにしましょう。

また、連続で使用せず週に1回~2回の使用を目安にして、肌に負担をかけ過ぎないようにしてください。アフターケアをしっかりとします。アフターケアというのは「保湿」にかぎります。保湿をたっぷりしてあげれば、お肌は透明感を増し、肌表面をピールオフした効果が倍増します。パックは肌の奥まで水分を届ける代わりに、剥がすときに肌表面の角質を剥がしてしまうというデメリットがありますので、保湿が大事なのです。

つまり肌の奥はうるおうけど、肌表面は乾燥しやすくなるということです。このデメリットを補うために、パック後はしっかりと保湿をしておきます。
たっぷりの化粧水を肌にふくませ、保湿効果の高い美容液を使うようにしてください。

ピールオフパックを肌から剥がすときは、額から下へとやさしく剥がしていきます。肌に剥がし残しがあった場合は無理に剥がさず、コットンに化粧水を含ませて拭きとるように落としましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする