顔の産毛の脱毛を受けるときの注意点

脱毛サロンで顔の産毛の施術を受けるとき、いくつか注意しなければならないことがあります。後々になって肌を傷つけ悲惨な思いをしないためにも、必ず知っておきましょう。まずひとつは、日焼けをしないことです。脱毛サロンの施術は光を当てる方法で、軽いやけどを負っていることになります。日焼けをした状態で施術を受けるとさらにダメージを受けることになるので控えましょう。

また、施術の直前に日焼け止めを塗るのはNGです。日焼けをしていることで光のパワーがじゅうぶんに発揮できないこともあります。真夏脱毛サロンで顔の産毛を脱毛をするときは、日傘や帽子をかぶるなどして日差しから肌を保護しましょう。

事前に自己処理をするときに毛抜きを使うのもやめましょう。毛穴を傷めてしまうおそれがあります。カミソリやシェーバーでおこないましょう。カミソリを使うときは肌を傷めないよう注意しなければなりません。

刃を持つ角度によって必要以上にダメージを与えてしまうおそれもあります。また、自己処理あとに肌を保湿することも忘れてはなりません。保湿をしないで乾燥した状態のまま施術をおこなうと負担がかかり炎症をおこしてしまうこともあるので気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする